世界の食卓

雨の日に革製品を持っていくのはあり?

秋雨の季節なのか、今年は降水量が多めですねぇ。

 


朝起きて雨が降っていると憂鬱度が高まり、会社に行きたくなくなってしまう人も多いでしょう。
今年は夏くらいからゲリラ豪雨に悩まされてきましたからね。

 

 

去年は地震もあったし、地球の調子がちょっとおかしくなっている気もしてしまう。
自分が死ぬまでは平穏な毎日をおくりたいので、地球さん頑張って!(笑)

さて本題ですが、「雨の日に革靴や革のバッグなどのレザー製品を持っていくかどうか」について今日はちょっと書いていきますね。

 


お店などでは基本的に「雨の日は出来るだけ使わない方がいいですよ〜」みたなことを言ってきますが、それでは買った意味がないじゃない!とわたし的には思ってしまいます。

 

 

雨だからといって合皮に切り替えるんではなく、堂々と本皮のアイテムを使うのがカッコイイと思うから。

実際本革は水に濡れても、きっちりメンテナンスをすればダメージはほとんどないんですよ!

 


雨に濡れたままそのままにしてしまったりすると型崩れやカビの発生の原因になってしまいますけど。

型崩れ防止のために新聞紙などをつめて、風通しの良い場所で乾燥させてやり、最後にクリームを塗れば見事に革は回復してくれますから。

 


そういった耐久性が自然が生んだレザーの魅力でもあるんです。

だから個人的には雨の日でもガンガンレザー製品を使って欲しい!

 

 

そうすると自然とレザーに対するメンテナンスも覚えるから一石二鳥ってわけ。
(具体的な手入れ方法にしては下記のサイトを参考にしてみて〜)

 

 

革小物のお手入れの仕方と保管方法について-メンズ長財布ランキング市場
http://www.longwallet.org/kawaseihin-oteire.html

 

 

ちなみに今はヌメ革のショルダーバッグを頑張って育てています。
ヌメ革はエイジングがすっごいキレイに映えるからね〜。

 

 

キャメルカラーなんかだったら上品に持てるので女性の方にもオススメですよ!